小堀遠州こぼりえんしゅうゆかりの茶室「縦目楼 しょうもくろう

茶室マップ

当ミュージアムでは、江戸時代の大名茶人である小堀遠州(1579-1647)が手掛けた茶室と庭園を復元しています。 茶室「縦目楼(しょうもくろう)」は、現在残されている絵図面などをもとに、京都の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の滝本坊(たきもとぼう)と伏見奉行屋敷(ふしみぶぎょうやしき)の一部を復元したものです。 遠州は、珠光(じゅこう)、武野紹鴎(たけのじょうおう)、千利休(せんのりきゅう)、古田織部(ふるたおりべ)と受け継がれた「わび茶」を基盤としつつ、王朝の雅や和歌の世界を融和させ、独自の「綺麗さび」という茶の湯を確立しました。 この茶室では、遠州の綺麗さびの世界を間近でご覧いただけます。熊倉館長による音声ガイドもぜひご利用ください。

① 茶室「向峯居(こうほうきょ)」
茶室「向峯居(こうほうきょ)」
② 鎖の間「臨水亭(りんすいてい)」
鎖の間「臨水亭(りんすいてい)」
③ 書院「対雲閣(たいうんかく)」
書院「対雲閣(たいうんかく)」
④ 数奇屋「友賢庵(ゆうけんあん)」
数奇屋「友賢庵(ゆうけんあん)」