ふじのくに茶の都ミュージアムとは

施設概要

   静岡県では、平成26年3月に策定した『ふじのくに「茶の都しずおか構想」』において、県のお茶に関する資源を生かして、静岡茶のブランド確立を図り、お茶のある健康で豊かな暮らしを実現するため、「茶の都しずおか」づくりを進めていくことを定めました。
   この構想を踏まえ、日本一の大茶園である牧之原台地に位置し、博物館、茶室、庭園、商業館から成る「旧島田市お茶の郷」を「茶の都しずおか」の拠点として整備することとしました。
   平成30年春の「ふじのくに茶の都ミュージアム」としての開館に向け、外観に県産材を使用した吹き寄せ壁を設けるほか、博物館内には楽しく回遊できるよう様々な見どころを整備しています。
   「ふじのくに茶の都ミュージアム」は、お茶の産業・歴史・文化を紹介する展示のほか、茶摘み・手もみ体験や、五感で感じる講座を充実させ、子どもから大人まで楽しくお茶について学べる機会を提供します。さらに、国内外の茶業関係者やお茶愛好者を対象に研修会等を開催し、情報集積・発信を行っていきます。

シンボルマーク

ふじのくに茶の都ミュージアム
コンセプト
   富士山と茶畑をラインで、綺麗さびを吹寄せ(*)柄で表現している。青と黄、緑の3色で「水と光でお茶を生み出す」、静岡らしい爽やかなイメージを表す。

*吹寄せ(ふきよせ)とは、格子などを2本または数本ずつ間隔を詰めて一組とし、その組と組とは間隔を広くして配置すること。
引用元:下出源七、『建築大辞典』、彰国社、1976年、1327ページ

沿革

2014(平成26)年 3月 ふじのくに「茶の都しずおか構想」策定
「茶の都」としての資質を一層高め、茶の魅力を国内外へ発信するため、「茶の都しずおか構想」では、(1)文化 (2)生活 (3)学術 (4)産業 (5)観光 (6)人材育成 (7)情報発信 (8)拠点づくり、の8分野の推進方向を定めました。
2015(平成27)年 3月 ふじのくに「茶の都しずおか推進計画」策定
構想で定めた8つの推進方向に沿って、「茶の都しずおか」を具体的に推進するための計画をまとめました。 この推進計画で、当時、島田市が運営していた「旧島田市お茶の郷」を「茶の都しずおか」の拠点として整備することとなりました。
2016(平成28)年 3月 ふじのくに茶の都ミュージアム(仮称)実施計画・運営計画策定
静岡県は、「旧島田市お茶の郷」のリニューアル整備に向けた実施計画及び運営計画を策定しました。
2016(平成28)年 6月 旧島田市お茶の郷の取得
「旧島田市お茶の郷」は閉館し、静岡県に移管されました。
2017(平成29)年 2月 建築及び展示の工事設計完了
2017(平成29)年 5月 施工開始
2018(平成30)年 春  開館予定

ご利用案内

開館時間・観覧料

準備中です。

交通アクセス

〒428-0034 静岡県島田市金谷富士見町3053番地の2

交通アクセス

館内案内図

全体配置図

全体配置図

施設紹介

博物館

1F
情報ライブラリー
  • 茶に関する書籍等の閲覧
多目的ホール
  • 講座や研修会等に活用
2F
日本のお茶と静岡県の茶産業
  • 試飲コーナー、製茶体験コーナー
  • 茶の都しずおかの歩み
  • お茶と健康
  • 茶の新時代(最新の茶関連商品の紹介)
企画展示
  • 時代の要請に応じた企画展(年4回程度)
3F
富士山展望スペース
  • 富士山と茶畑等の映像上映
世界のお茶と民族文化
  • 世界のお茶が楽しめるウェルカムティーコーナー
  • 中国、トルコ、ネパールの喫茶シーン、大茶樹の再現

商業館

1F
ミュージアムショップ
  • 博物館内の展示と連携した茶や茶関連商品の販売
  • 県内のお茶を試飲、販売、PRするコーナー
2F
カフェレストラン
  • 静岡茶や県内産の食材を使用した料理の提供

茶室「縦目楼 しょうもくろう 」と日本庭園

茶室

   茶室「縦目楼」と日本庭園は、千利休、古田織部を経て、「綺麗さび」の茶の湯を確立した、大名茶人小堀遠州(こぼりえんしゅう)が手掛けた建物と庭園を復元したものです。

日本庭園
1619(寛永6)年に退位した後水尾天皇の院御所である仙洞御所の東庭として幕府が小堀遠州に作事を命じて作らせた池泉回遊式庭園です。曲線と直線が見事に対比されています。
茶屋「向峯居」(こうほうきょ)
平安時代の寝殿造り(しんでんつくり)の泉殿(いずみどの)に見立てて作られたと思われる建物で、当時は歌会など遊興の場として使われました。
鎖の間「臨水亭」(りんすいてい)
伏見奉行に任じられた小堀遠州が、1625(寛永2)年頃までに営んだ奉行屋敷の鎖の間です。変化に富んだ棚の構成や、意匠性豊かな赤色土壁が見る者の目を楽しませます。
書院「対雲閣」(たいうんかく)
1633(寛永10)年頃、石清水八幡宮の社僧であった松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)(1584~1639)の瀧本坊に、親交していた小堀遠州が営んだとして伝えられる書院です。透かし彫りの欄間(らんま)など遠州の座敷構成の手法が生きています。

お知らせ

お知らせ
2017年10月16日 ホームページをオープンしました
ふじのくに茶の都ミュージアムのホームページへようこそ!来年春の開館に向けて、情報発信していきます。どうぞよろしくお願い致します。
Instagram

ミュージアム周辺のみどころ

   新金谷駅から寸又峡の玄関口である千頭駅までSL列車を運行しています。鉄橋に響き渡る汽笛に煙、木張りの客車、車掌の歌やハーモニカなどは、風情があります。またSL乗車のお供に、SLの里茶飯弁当などの駅弁がおすすめです。新金谷駅のプラザロコでは、昭和の駅舎が再現され、SLや客車、年代物のポスター等が展示されています。

アクセス:ミュージアムより車で約10分。徒歩約30分。
住所  :静岡県島田市金谷東2丁目1112-2(新金谷駅)
URL  :http://oigawa-railway.co.jp/

   島田市にある蓬莱橋(ほうらいばし)は、明治12年に大井川に架けられた木造の橋で、その長さは897.4メートルあり、「木造歩道橋として世界一の長さ」とギネス世界記録に認定されました。映画やテレビドラマの撮影にも度々利用され、今では数少ない賃取橋としても有名です。

アクセス:ミュージアムより車で約20分。徒歩約1時間30分
住所  :静岡県島田市南2丁目22-4
URL  :http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=2

   島田ばらの丘公園は、切りバラ栽培が盛んな島田市に平成4年に開園しました。広さ約6,000坪の園内には、趣向を凝らしたバラ庭園と大温室に、世界各国のバラ約360種類、8,700株が植えられています。春と秋にはフェスティバルが開催され、多くの人々が訪れます。(7月~9月、12月~4月は入園料無料)

アクセス:ミュージアムから車で約20分
住所  :静岡県島田市野田1652
URL  :https://www.baranookakouen.jp/

   江戸時代の旅人が大井川を渡る際は、人足に肩車をしてもらうか、輦台(れんだい)というみこしのような乗り物に乗り、担いでもらっていました。その「川越し」の料金所(川会所)や、人足の待合所(番宿)などの風景が再現された遺跡です。昭和41年8月1日に国指定史跡に指定されました。

アクセス:ミュージアムから車で約20分、徒歩約55分。
住所  :静岡県島田市河原1
URL  :http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=11

   島田市博物館では、江戸時代の大井川島田宿の川越しを分かりやすく紹介する立体的な映像のジオラマビジョンが常設されているほか、特別展が開催されています。分館は、情緒あふれる日本家屋と海野光弘版画記念館で構成されています。

アクセス:ミュージアムから車で約15分、徒歩約55分。
住所  :(本館)静岡県島田市河原一丁目5番50号
(分館)静岡県島田市河原二丁目16番5号
URL  :http://shimahaku.jp

   江戸時代末期の街道の様子を今に伝える金谷坂の石畳です。明治時代に、掘り起こされ、もとの面影は失われましたが、平成3年、「平成の道普請・町民一人一石運動」により、約7万1000個の「山石」を敷いた、430mの石畳が復元されました。石畳は「すべらない山石」が用いられ、中腹には「すべらず地蔵尊」が祀られていることから、合格祈願の名所となっています。

アクセス:ミュージアムから車で約5分、徒歩約20分。
住所  :静岡県島田市金谷坂町
URL  :http://shimahaku.jp

   広大な牧之原大茶園の一角にある公園です。公園からは、正面に富士山、右手には駿河湾、伊豆半島、左手には南アルプスの山々、眼下には大井川、そして周辺に広がる茶畑を眺められます。夜景は、「日本夜景遺産」に登録されています。公園の北側にはカタクリの群生地があり、3月下旬から4月上旬が見頃です。

アクセス:ミュージアムから車で約1分、徒歩約3分。
住所  :静岡県島田市金谷富士見町1701-1
URL  :http://shimahaku.jp

   富士山静岡空港は、静岡県の島田市と牧之原市の境に位置し、2009(平成21)年6月4日に開港しました。国内線では、札幌、福岡、那覇、鹿児島の4路線、国際線では、ソウル、台北、上海をはじめとした中国各地への定期便に加え、国内外へのチャーター便を運航しています。ターミナルビル内や展望デッキでは、搭乗しない方でも楽しめる各種イベントを開催しています。

アクセス:ミュージアムから車で約10分、徒歩約1時間10分。
住所  :静岡県牧之原市坂口3336番地4
URL  :http://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/