ふじのくに茶の都ミュージアムとは

施設概要

名称 ふじのくに茶の都ミュージアム
所在地 静岡県島田市金谷富士見町3053番地の2

静岡県では、平成26年3月に策定した『ふじのくに「茶の都しずおか構想」』において、本県のお茶に関する資源を生かして、静岡茶のブランド確立を図り、お茶のある健康で豊かな暮らしを実現するため、「茶の都しずおか」づくりを進めていくことを定めました。

この構想を踏まえ、日本一の大茶園である牧之原台地に位置し、博物館、茶室、庭園、商業館から成る「旧島田市お茶の郷」を「茶の都しずおか」の拠点として整備することとしました。

平成30年春の「ふじのくに茶の都ミュージアム」としての開館に向け、外観に県産材を使用した吹き寄せ壁を設けるほか、博物館内には楽しく回遊できるよう様々な見どころを整備しています。

「ふじのくに茶の都ミュージアム」は、お茶の産業・歴史・文化を紹介する展示のほか、茶摘み・手もみ体験や、五感で感じる講座を充実させ、子どもから大人まで楽しくお茶について学べる機会を提供します。さらに、国内外の茶業関係者やお茶愛好者を対象に研修会等を開催し、情報集積・発信を行っていきます。

シンボルマーク

ふじのくに茶の都ミュージアム
コンセプト
富士山と茶畑をラインで、綺麗さびを吹寄せ(*)柄で表現している。青と黄、緑の3色で「水と光でお茶を生み出す」、静岡らしい爽やかなイメージを表す。

*吹寄せ(ふきよせ)とは、格子などを2本または数本ずつ間隔を詰めて一組とし、その組と組とは間隔を広くして配置すること。
引用元:下出源七、『建築大辞典』、彰国社、1976年、1327ページ

次代を担う若い方の感性を取り入れ、多くの方に親しみを持っていただけるようなデザインを目指して、県内でデザインを学ぶ高校、大学、専門学生を対象に公募しました。応募していただいた作品の中から静岡文化芸術大学大学院1年(公募時)の藤井邦光さんが考案したデザインに決定しました。

沿革

  • 2014(平成26)年 3月 ふじのくに「茶の都しずおか構想」策定
    「茶の都」としての資質を一層高め、茶の魅力を国内外へ発信するため、「茶の都しずおか構想」では、(1)文化 (2)生活 (3)学術 (4)産業 (5)観光 (6)人材育成 (7)情報発信 (8)拠点づくり、の8分野の推進方向を定めました。
  • 2015(平成27)年 3月 ふじのくに「茶の都しずおか推進計画」策定
    構想で定めた8つの推進方向に沿って、「茶の都しずおか」を具体的に推進するための計画をまとめました。 この推進計画で、当時、島田市が運営していた「旧島田市お茶の郷」を「茶の都しずおか」の拠点として整備することとなりました。
  • 2016(平成28)年 3月 ふじのくに茶の都ミュージアム(仮称)実施計画・運営計画策定
    静岡県は、「旧島田市お茶の郷」のリニューアル整備に向けた実施計画及び運営計画を策定しました。
  • 2016(平成28)年 6月 旧島田市お茶の郷の取得
    「旧島田市お茶の郷」は閉館し、静岡県に移管されました。
  • 2017(平成29)年 2月 改修設計完了
  • 2017(平成29)年4月 ふじのくに茶の都ミュージアム開設
  • 2017(平成29)年4月 熊倉功夫氏が初代館長に就任
  • 2017(平成29)年5月 改修工事着手
  • 2017(平成29)年12月 ふじのくに茶の都ミュージアムの設置、管理及び使用料に関する条例の公布
  • 2018(平成30)年3月 開館予定