見る

常設展

多彩で豊かなお茶の世界へようこそ。常設展では、お茶の起源と世界へのお茶の広がりや日本及び静岡のお茶について展示しています。お茶の産業、文化、歴史、民俗、そして機能性まで、実物資料だけでなく映像や実演によって分かりやすく紹介します。

世界のお茶

<@ item.title @>

<@ item.c_text @>

日本のお茶の幕開け

<@ item.title @>

<@ item.c_text @>

茶の都しずおかのあゆみ

<@ item.title @>

<@ item.c_text @>

茶の都しずおかの誇り

<@ item.title @>

<@ item.c_text @>

お茶の新時代

<@ item.title @>

<@ item.c_text @>

企画展情報

現在企画展はありません

<@ item.title @>

富士山静岡空港のイメージ

<@ item.c_contents @>

景観

<@ item.title @>

<@ item.c_text @>

茶室「縦目楼 しょうもくろう 」と日本庭園

茶室

茶室「縦目楼」と日本庭園は、千利休、古田織部を経て、「綺麗さび」の茶の湯を確立した、大名茶人小堀遠州(こぼりえんしゅう)が手掛けた建物と庭園を復元したものです。

「見る」イベント情報