【申込受付中】セミナー「魅力ある中国の茶文化と茶の博物館」

のイメージ

中国は世界最大のお茶の生産国であるとともに、中国茶芸など多くの人々がお茶を楽しむ文化が盛んです。
また、それに併せて茶の専門博物館が多くあり、地域に定着し、日本でも参考にしたいところです。
そこで今回は、中国茶の歴史、文化、博物館に造詣の深い専門家から、中国茶の魅力とその茶文化の発展を探るとともに、日本の茶道とも比較して、中国にあるお茶の博物館の魅力を紹介します。

※お席に余裕がありますので、引き続き申込受付中です。皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】10月20日(日)午後1時30分~午後4時00分
【内容】
講演1(60分)
 「現代中国の茶文化と茶の博物館」
   講師:岩間眞知子氏(元・東京国立博物館科学研究費特別研究員、
             ふじのくに茶の都ミュージアム客員研究員)
中国茶試飲体験(20分)
 普段なかなか飲めない黒茶、白茶などの中国茶の試飲体験を行います。

講演2(60分)
 「(仮称)日本の茶道からみた中国の茶文化」
   講師:吉野亜湖氏(日本茶道塾事務局長、
            ふじのくに茶の都ミュージアム客員研究員)

場所 博物館1階 多目的ホール
定員 50名(事前予約制)
料金 無料(別途、博物館観覧券が必要です)
申込方法 FAXまたはEメールでお申込みください。件名を「中国茶セミナー」とし、本文へ①氏名②電話番号を記入の上、送信してください。上記QRコードからもメールが作成できます。※ミュージアムからの返信はいたしません。
chamuseum-gakugei@pref.shizuoka.lg.jp
関連ファイル 中国茶セミナーチラシ