世界のお茶の紹介

のイメージ

常設展示室3階「ティーステーション」では、月替わりで世界の喫茶文化についてご紹介します。

10月・11月は、世界に誇る蒸し製の「煎茶」です。
静岡県は、煎茶の生産量が全国で最も多く、様々な品種での煎茶作りにも力が入れられています。
各月「やぶきた」とは異なる特色ある品種の煎茶をおすすめのお茶のいれ方とともにご紹介します。

※急須で丁寧にお茶をいれるため、混雑時はお茶の提供までに時間がかかりますのでご了承ください。

〇10月のお茶
深蒸し煎茶 品種:さえみどり 
お茶をいれた時の色がきれいな緑色で、上品な香りとまろやかな味わいの煎茶です。

〇11月のお茶
(予定)深蒸し煎茶 品種:つゆひかり
やさしい渋みの中にうま味と甘みが引き立つ爽やかな味わいの煎茶です。


~これまでのお茶の紹介(2018年)~
開館~4月 チャイ(トルコ)
5月    烏龍茶(台湾)
6月    ジャスミン茶(中国)
7月    ミントティー(モロッコ)
8月    阿波番茶(日本)
9月    フレーバードティー「アールグレイ」(フランス)

対象者 どなたでも
場所 常設展示室3階ティーステーションほか
料金 無料(別途観覧料300円がかかります)